http://saiun11.sakura.ne.jp/toshio/u/saku/sakut.html

掲載サイト:最低のオリ
作者:U馬
属性:催眠、常識変換、誤認

内容
 U馬様による、学園を舞台としたオリジナル小説です。

 内容的にはU馬様お得意のMCもので、「催眠」シリーズよりも、キャラ性、ストーリーとも強調された造りになっています。全11話堂々完結!



以前紹介した「催眠」と同じU馬様の催眠小説。
こっちの方が前の作品なのかな?
学校内で起こる事件を主人公が調査する裏で、催眠を使った何かが進行している…みたいな話。

主人公は学園の新聞部に所属する一生徒。
主人公は催眠とか使いません。催眠術者は犯人側。
基本的には主人公はいいとこなし。話を進めるための立ち位置。

推理物風に話が作られているため、視点が頻繁に変わります。
主人公の事件を調べたり、ヒロインと恋愛したりする日常パート(基本エロなし)も多め。
ほぼ全部エロパートの「催眠」より読みにくい、興奮しにくいかも。

催眠としては常識変換メイン。
催眠を掛ける方法が催眠プログラムを見せる、というものなので、「催眠」のような校内全部とかひとつのクラス丸々とかはないです。
周りにばれないよう気を使った催眠内容にする、とかは好きな人も多いと思います。

乱交多め。寝取り有。ただしスカトロはなし。
日常パートのほうで主人公が憧れてた相手やヒロインも犯人側に犯されます。
エロパートの影響が日常にも少しずつ、みたいなのは面白いですが、ヒロインは完全に寝取られる。
一応最終話(11話)を読まなければヒロインは回避可能。

エロシーン的にはこっちの方が好みのものが多いんですが、寝取がきつい。
いっそ日常パート的なところは全部飛ばして、エロシーンだけ読むほうが楽しめるかもしれないです。